お問い合せフォーム

村口きよ女性クリニック

女性とタバコの害

人は悪いと分かっていても
なぜタバコを止められないのでしょうか。

「タバコは赤ちゃんに悪い」ということはよく知られており、「妊娠」が分かった時からタバコを止める女性はかなり多いのですが・・・

ちょっと待ってください
それ以前に女性という体にとって、
「タバコは、“悪“」 ということをご存知ですか?

人間に、男性、女性、性があるのは、何よりも「子孫を残す」ためです。
女性は自らの体で「妊娠・出産」の役割を担った性です。
妊娠できるための機能は、思春期から準備され、発達し、18歳ごろまでに完成し、以降維持されていくものです。

その主役は卵巣の機能です
卵巣機能はその中枢である脳(視床下部・脳下垂体)によってコントロールされており、ストレス等により影響されやすく、とてもデリケートな機能ともいえます。

タバコは「卵巣機能」と深く関連あることをご存知ですか 

卵巣機能に関わる異常は、計り知れないものです。
タバコの害に日々晒され続けた卵巣の機能は、様々な形で異常を引き起こしていきます。

なぜ卵巣の働きが悪くなるのか

タバコに含まれているニコチン、一酸化炭素やタールなど多くの物質が卵巣の働きに悪影響を与えます。

1. 女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少する
喫煙によって、ニコチンは卵巣の血流減少を起こし、一酸化炭素により酸素欠乏が起こり、女性ホルモン(とくに卵胞ホルモン・エストロゲン)を作るための 酵素の働きを低下させるため、女性ホルモンができにくくなります。
2. 女性ホルモンを早く失活させます 
卵巣で作られた女性ホルモン、とくに卵胞ホルモンエストロゲンは卵巣から血液中を通って、子宮、膣、肌、骨などに到達し作用しますが、その途中で肝臓で代謝され(壊されて)徐々に作用が弱くなります。
この肝臓での代謝をタバコの成分は促進させるので、女性ホルモンが早く失活するため、血液中の濃度が低下するのです。
3. 細胞での活力を減少させます
身体の中の器官の個々の細胞の活力にはカルシウムが必須ですが、タバコの成分は、このカルシウムの代謝に悪影響を与えて細胞の活力を減少させてしまいます。
当然女性ホルモンに関係する体の中の細胞の活力も喫煙により減ることになるのです。
タバコの害と卵巣の働き

子宮頸がんによる死亡リスクは2.3倍増加します

子宮頸がんの原因は、HPVの感染によることは大分知られるようになってきました。
HPV感染はセックスがあれば誰でも感染しますが、多くは免疫力で自然に消えていきます。しかし一部の人では持続感染したまま経過し、子宮頸がんの発生につながります。
喫煙は体の免疫力を低下させるので、HPVに感染しやすく、持続感染しやすくなるために、子宮頸がんに罹りやすくなるのです。

喫煙とがん死亡についての相対リスク

肌のシミ・しわが増える皮膚の老化が早い

黒ずんだ、張り・艶のない肌、シミや小じわの多さが特徴の喫煙者の顔「スモーカーズ・フェイス」と言います。
タバコのニコチンの血管収縮作用により、血行悪くなるため、肌の乾燥が 進み、皮膚に細かいしわができます。
ニコチンはメラニン色素を増やす作用があり、さらにタバコの 成分はビタミンCを壊す酵素を増やすので、美白に効果のある ビタミンCが減少します。
それが肌の色が黒くなり、シミのできる 原因です。

スモーカーズ・フェイス

更年期、閉経後も、タバコの害は引きずっていきます

「妊娠・出産」の役割からと解き放された「閉経」後の女性にとっても、タバコの害は看過できません。
卵巣での女性ホルモンの分泌がなくなると、女性は骨が脆くなる、また虚血性心疾患が男性並みに多くなることはよく知られています。
女性ホルモンと骨の代謝、コレステロールの代謝と深く関連しています。
女性は「妊娠・出産」という体の負担を背負った時期には、女性ホルモンによって守られている「見事なしくみ」に支えられているのです。

エストロゲンはLDLコレステロールを低下させ、HDLコレステロールを増やして動脈硬化を予防しています。
骨の代謝は、骨形成と骨吸収(古い骨細胞の破壊)のバランスで成り立っています。
女性ホルモン・エストロゲンは骨形成を進め、また骨吸収を抑えます。
更年期以降はエストロゲンの減少により、上記のバランスが崩れ、骨量が減少するのです。

喫煙習慣があれば、一層・・

他にも喫煙によって

タバコは人類が生みだした最小の毒物です

タバコに含まれる有害物質は、タール、ニコチン、一酸化炭素だけではない。
約60種類の発がん物質、約200種類の有害物質、約4,700種類の既知の化学物質も含まれています。

タバコがどれだけ寿命を縮めるかご存知でしょうか

喫煙習慣があると、男性で8年、女性で10年寿命が縮むのです。

(タバコ1本で寿命は14分短くなる20本入りのタバコ1箱で4.8時間の命を削っている)

ニコチン依存症

タバコを止められないのはニコチン依存症という病気です

ニコチン依存症は、快感”というおいしさを脳が知ってしまうので、自力では容易には直せないのです。
専門の医師があなたの病気の治療をお手伝いいたします。

禁煙治療をする禁煙外来とは?

禁煙外来
Copyright ©医療法人社団 村口きよ女性クリニック All rights reserved.